TOP

中高のキャリア教育 実践 基礎講習

昨今、学校・教育を支援したいと考える社会人・企業人が多くいます。 しかし、学校・教員の立場や心情を理解することなく、学校批判に終わってしまうことも少なくありません。 教育支援人材(学校外人材)に求められることは、「協働」の姿勢。 批判的発想だけでは、効果的な協働は生まれません。このコースでは、学校・教育について正しい知識を身につけ、教員の立場を理解・共感し、信頼関係を築きながら教育支援ができる人材、教育現場の「よき理解者」を ひとりでも多く輩出することをめざしています。

◆活動のフィールドとは?◆

 ・PTAの活動の一環としてイベント等を行う。
 ・「社会人先生」として小中高校で仕事について語る。 
 ・企業のCSR活動として出前授業を行う。

開講日程・受講料

●開講日程

 ・集合研修 9/2(土)、9/9(土)、9/23(土)
      (いずれも10:00−17:30)

 ・eラーニング 8/18(金)〜

 <申込期間>
   2017/5/26〜2017/8/10
   (締切前でも定員になり次第募集を終了します。)

●受講料

86,400円(税込)※テキスト代含む

 

小中高のキャリア教育 実践 基礎講習の特徴

  • ワークショップ形式で実践の疑似体験をすることで、教育支援の現場で求められる視点・発想を身につける。
  • 同じ志を持つ人々とのネットワークづくりを通して教育支援の輪を広げる。

    ※eラーニングの受講が含まれますので、パソコン・インターネットが使えることが必須です。

カリキュラム

eラーニングと公式テキストを活用した事前学習・課題の提出(合計8時間)と、3日間の集合研修・課題 の提出(合計22.5時間)を組み合わせ、知識の習得と活用を繰り返すことで、実践的な知識とスキル を身につけていきます。

 カリキュラムの流れは以下のようなものになります。

学習項目

「地域・企業」「学校・子ども」、そしてそれらをつなぐ「コーディネート機能」の3つの視点から、キャリア教育支援人材に必要な要素を学びます。 ※この講座は、キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会「キャリア教育コーディネーター 育成ガイドライン」に基づいて開講しています。

修了証について

以下の条件を満たす方には、小中高のキャリア教育 実践 基礎講習 修了者として修了証を発行します。(キャリア教育コーディネーターガイドラインに基づくエントリーコース修了に相当)なお、修了者は、キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会認定のキャリア教育実践基礎講習修了者として、登録されます。

  • 出席率が8割以上あること
    (講座内で課されるレポートおよび「ふりかえりシート」の提出で出席を確認します。)
  • 知識習得度テストで8割以上の得点があること
    (講座終了時にご案内します。)

    ※これまでの修了者数
      2009年度 12名
      2010年度    8名
      2011年度 27名
      2012年度 26名
      2013年度    23名
      2014年度 東京24名/福岡10名
      2015年度 13名
      2016年度 10名

よくあるご質問

よくあるご質問」コーナーへ

中高のキャリア教育 実践 基礎講習 実践コース キャリア教育コーディネータースキルアップ研修 申し込みの流れ
ページの先頭へ戻る